博多百年蔵ブログ

[写真]博多百年蔵ブログ

お酒で咲かそう、暮らしの花(日本酒の温度編)

お酒はお好みでおいしく飲んでいただくのがいちばんです。
しかしながら実は日本酒には、それぞれにおいしいと感じられる温度があるのはご存知でしょうか。

かの福沢諭吉は行灯(あんどん)の上に徳利を吊るしておき、頃合いになっていただく、「あんどん燗」なるものを好んでいたとか。
このように、日本酒をあたためて飲むことを「燗付け」といいます。
お燗することによりお酒の持ち味が引き立つ効果があり、「燗映え」「燗あがり」ともいわれます。

燗酒にはよく耳にする「熱燗」、「ぬる燗」、「人肌燗」などといくつかの表現があり、それぞれに目安となる温度が設定されています。

一方で、冷やして飲む冷酒がお好きな方も多いでしょう。
こちらには「涼冷え」「花冷え」「雪冷え」など、こちらも情緒ある言葉があるようです。

ちなみに「冷や」というのはもともとは常温で飲むことを指します。

 

<日本酒の温度による呼び方>

日本酒の温度表

また、日本酒は温度によって驚くほど味わいが変わります。

冷酒 燗酒
全体 シャープになる まろやかになる
香り クリアになる ふわりと広がる
甘み 抑えられ、スッキリする 引き出される
酸味・苦味・渋み シャープに、刺激が増す 一体化し、旨みが出る


純米大吟醸や大吟醸は冷酒だと香りが際立ち、華やかな吟醸香が楽しめます。
純米酒や本醸造酒などは燗酒にすると、旨みが引き立ちます。

温度の違いによる味わいの変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

~日本酒 こぼれ話~

日本酒を選ぶ際、「辛口ですか?甘口ですか?」と尋ねられた経験はありませんか。
これには、数字で裏付けられた日本酒度が関係しています。

日本酒度とは酒に含まれる糖分を計測したもので、糖分が少なければ「(プラス)」、多ければ「(マイナス)」で表されます。
糖分が少ないほど辛く感じるため、「」は辛口、「」は甘口となります。

下記は当社の銘柄の日本酒度別に並べたものです。お選びの際に、ぜひご参考ください。

 

<日本酒度による辛口・甘口>

【お酒で咲かそう、暮らしの花(日本酒の温度編)】

 

 

百年蔵ブログ一覧に戻る

お電話でのご予約・お問い合せ

  • ※メールからのご予約は受け付けておりませんのでご予約のお客様はお電話にてお願いいたします。
  • ※お電話の受付時間と営業時間は異なりますのでご注意ください。
酒造部
TEL. 092-651-1986
ご宴会
TEL. 092-651-1990
ウェディング
TEL. 092-633-5105
その他
TEL. 092-633-5100

»各電話受付時間・製造直売所営業時間

メールでのお問い合せはこちら

各電話受付時間・製造直売所営業時間
(短縮営業中のため、営業時間や定休日が通常と異なります)

酒造部 電話受付時間
10:00〜17:00(定休日 年始)
ご宴会 電話受付時間
10:00〜17:00(定休日 年始)
ウェディング 電話受付時間
11:00〜17:00(定休日 毎週火・水曜日・年始)
その他 電話受付時間
10:00〜17:00(定休日 年始)
製造直売所 営業時間
11:00〜17:00(定休日 年始)
イベント時・年末は営業時間が変更となる場合があります。
ここだから叶う
結婚式があります。
博多百年蔵 ウェディング 特設サイト

pagetop